オンラインカジノの利用は違法?

オンラインカジノの利用は違法?

【オンラインカジノとは?】

あなたがギャンブル好きなら、一度くらいは「カジノ」に行ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

しかし、カジノをするには海外に行かなくてはなりませんよね。
一番近いところであればマカオ、有名なところであればラスベガス。

カジノをしたいけれど、現地にいってまでは・・・という方も多いかと思います。

しかし、日本にいながらにしてカジノを楽しむ方法があります。
それが「オンラインカジノ」です。

オンラインカジノであれば、スマホやパソコンさえあればいつでもどこでもカジノゲームをプレイできます
ギャンブル性も本物のカジノと同じです。
運が良ければ一千万超え、億超えの賞金を手に入れるチャンスもあります。

【オンラインカジノはどのように見られている?】

オンラインカジノはどのように見られている?

最近では色々な事件があったことにより、オンラインカジノは違法なもの、と考えている方も多いのではないでしょうか。
確かに日本の法律では、公営競技そして宝くじなどの法律に明記されているギャンブル以外は賭博罪によって規制されることになり、オンラインカジノについても例に漏れず通常では規制の対象となるはずです。
しかし現状を見てみると、確かに逮捕されたというケースも存在はしますが、概ね日本国内においても多くの利用者を確認することができるでしょう。
なぜオンラインカジノは違法とされる存在であるのにも関わらず、これほど利用されているのか不思議に感じる部分ではないでしょうか。

【オンラインカジノと賭博罪】

オンラインカジノと賭博罪

実は結論を言うとオンラインカジノは違法なものと言い切ることはできません。
上で賭博罪について触れましたが、これがオンラインカジノを含めたオンラインギャンブルでは問題となってくる要点で、厳密な賭博の定義に当てはめることができないことが根拠となっています。
例えば日本国内にて違法な賭博が運営されているとするならば、賭博開帳者ならびにその賭博を利用したものの二者が存在することになり、賭博罪についてもまずこれが前提となる条件です。
ですがオンラインカジノなどのオンラインギャンブルでは、賭博開帳者ならびに実際にプログラムが稼働しているサーバーは海外に所在しており、その利用者は国内からインターネットを通じて賭博に参加できるという仕組みですので、賭博罪の前提を満たしていないことになります。
これがオンラインカジノは違法ではないという意見の裏付けになるわけですが、ギャンブルであることは確かですので、合法とも言えないグレーゾーンとの見方が最も正しいと言えるでしょう。

【違法ではないとするもう一つの根拠】

違法ではないとするもう一つの根拠

冒頭にて逮捕された例について述べましたが、逮捕されたことを根拠として違法と考える方も多いかと思います。
しかし警察は有罪か無罪かを決定する組織ではなく、その判断については裁判所で行われることになるわけですが、オンラインカジノ利用者の逮捕のケースでは裁判が行われず不起訴となった事実があります。
これが、現在においてオンラインカジノが違法ではないというもう一つの根拠として考えることができます。
ですが、今後も逮捕されるケースが全く考えられないというわけではなく、もしかすればトラブルに発展してしまうこともあるかもしれませんが、あくまでも個人で楽しむ程度であればオンラインカジノの利用が問題視されることはないでしょう。

オンラインカジノ 違法

【なぜオンラインカジノはグレーゾーンなのか】

オンラインカジノという文化が芽生えて数年が経ち、いまや世界中でオンラインカジノが楽しまれているにもかかわらず、なぜ違法でも合法でもないグレーゾーンという曖昧な立ち位置のままでいるのか疑問に感じる人もいるかと思います。

実のところ、日本においては、オンラインカジノのみならずインターネットに関する法整備が遅れているのです。インターネットがこれだけ発達しているのにもかかわらず、まだ「新しい問題」として少しずつ取り組んでいるというのが現状です。

インターネットは目まぐるしく発展しているので仕方がない面もあるかもしれませんが、曖昧な立ち位置が続くのは不安の種でもあります。やはり早めの法整備を願いたいところです。

【カジノ法案でオンラインカジノの法律性は変わる?】

2016年末に成立したカジノ法案。
IR(カジノを含むリゾート施設)を日本に誘致することを目的としたものです。
日本では現在カジノは違法となっており、IRを誘致するということは日本でカジノを合法とするための法整備が行われることになります。

カジノ法案とオンラインカジノ、直接関係するものではありませんが、この法整備の際にオンラインカジノについても法整備が行われるのではないかという声もあり、注目を集めています。

【オンラインカジノと税金】

オンラインカジノの法律的問題としてもうひとつ注意しておきたいのが税金についてです。
オンラインカジノでは思わぬ大儲けの可能性がありますが、ある程度稼いだら税金がかかってくることになります。

具体的には、その年の1月1日~12月31日の間にだいたい50万円以上の儲けが出た場合、納税の可能性が出てきます。
もしもそれほど稼いでおり、納税しなければならないということになった方は、確定申告をして税金を支払いましょう。

確定申告の時期は、毎年2月16日から3月15日となります。(年によって数日ズレる場合有り)
この時期の税務署は非常に混み合いますので、余裕をもって行くようにしましょう。

【オンラインカジノで逮捕されないように気をつけるポイント】
オンラインカジノで逮捕されないように気をつけるポイント
オンラインカジノで逮捕されないように、いくつか気をつけるポイントはありますが、まず見るべきポイントは「日本人向けかどうか」です。

日本人向けと言っても、他言語に対応しているうちの一つが日本語だった、というパターンならいいのですが、危険なのは完全に日本人のみにむけているパターンです。

海外で運営されているオンラインカジノは英語が使用されていることがほとんどです。
2016年に逮捕された事例では、日本人プレイヤーやディーラーとカジノを楽しむことが売りとなっていたため、逆に日本人に向けたカジノであることが浮き彫りになってしまったようです。
オンラインカジノが違法になるかどうかは、運営サイトや利用の仕方によって変わります。少しでも違法に転じないように、必要以上の情報を公開しないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>